タイ国内でも700万人以上利用者がいるFacebook(フェイスブック)でのマーケティング

Facebook(フェイスブック)は世界で最も普及しているソーシャルネットワーク(SNS)で、現在7億人以上が使っています。タイでも利用者は伸び続けており、現在700万人以上、つまり人口の10%以上が使っていると言われています。

マーケティングでの活用も盛んに行われていて、多くの会社がFacebookで消費者とのつながりを構築しています。
Facebookには、ファンページというコミュニティを作成する機能があります。消費者にファンになってもらい、継続的に関係性をつくることで接触回数を増やして、リピート促進、商品やサービスに関する意見収集、ファン経由での新しい人へのアプローチなどができます。

これからも伸び続けると考えられますので、Facebook内で早めにコミュニティをつくって関係性を深めていくことで、競争相手との差にしていくことをおすすめします。ただし、短期で効果がでる性質のものではありませんので、長く続ける必要があります。

弊社では、ファンページの構築や運用の支援をいたします。一方的に情報発信するのではなく、消費者とコミュニケーションを取っていくことができるのがFacebook活用の大きなメリットとなりますので、それにあわせた運用体制の構築をお手伝いします。
また、ファンページの中にアプリを入れることで、高度な機能を追加することもできます。アプリをゼロからつくるのではなく、販売されているものや無料で配布されているものを活用することでコストを抑えた形でさまざまな機能を実現します。